企業方針

企業倫理および社会的責任に関する基本方針
 

小原化工株式会社および全役職員・社員は高い倫理観を持ち、誠実かつ公正な事業活動を行うことにより、主体的積極的に社会貢献し、社会的責任を果たします。

  1. 企業活動に適用されるすべての法律等を厳格に順守するだけでなく、社会的に要請される規範も順守します。
  2. 安全の確保は、すべてにおいて優先します。
  3. ビジネスの誠実性と公平性を確保し、社会的に要請される規範からも逸脱しません。
  4. 取引先や消費者に対して、正確な製品・サービスの情報を提供します。
  5. 人権を尊重するとともに、良き企業市民として、社会貢献・環境保全活動などに積極的に取り組み、社会的責任を果たします。
内部統制システムの整備に関する基本方針
 

取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制その他業務の適正を確保するための体制の概要は下記の通りであります。

  1. 役職員の職務の執行が法令および定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、コンプライアンス規程を定め、それを役職 員に周知徹底させる。
  2. 重要な意思決定は取締役会で決議し、取締役会の決議については取締役会議事録を保管、決定済伺書については適切に管理する。
  3. リスク管理規程を定めリスク管理体制の構築および運用を行う。
  4. 中期経営計画を定め、会社として達成すべき目標を明確化するとともに、取締役ごとに職務権限と担当業務を明確にし、それぞれの目標を明確化する。
  5. 重要な事項については月に1回の取締役会で合議制で意思決定を行う。
  6. コンプライアンス担当役員およびリスク管理担当役員は子会社についても管理する。
  7. 取締役および使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生しまたは発生する恐れがある等その他監査役会が報告すべきと定めた事項が発生したときは、監査役に報告する。
  8. 代表取締役は意思疎通を図るため監査役と定期的に会合を持つ。
反社会的勢力との関係遮断にかかる基本方針
 

当社は、次の基本方針に基づき、反社会的勢力との一切の関係を遮断し、断固として排除する。

  1. 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を持たない。また、反社会的勢力からの不当な要求には決して応じない。
  2. 反社会的勢力への資金提供は、絶対に行わない。
  3. 反社会的勢力による不当要求には組織として対応する。
  4. 平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関との緊密な連携関係を構築する。
  5. 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事・刑事の法的対応を毅然として行う。
UP